+86-29-88453375
英語

アップルサイダービネガーは膨満感に効果がありますか?

2023-11-30

膨満感は、胃が腫れて不快感を感じる一般的な消化器疾患です。 多くの場合、消化過程での過剰なガスの生成や体液の貯留が原因で発生します。 揚げ物、糖アルコール、塩分の摂取量を減らすなど、食事を変えると、多くの人にとって膨満感を最小限に抑えることができます。 のような自然療法を使って成功する人もいます。 リンゴ酢 粉 腹部の膨満を和らげ、その他の消化器系の問題を軽減します。 

何がBloatingを引き起こすのですか?

膨満感の原因.jpg多くの人を時折悩ませる膨満感の背後には、いくつかの潜在的な原因があります。

- 食べ過ぎ - 大量の食事を摂取すると胃が圧迫され、消化が遅くなります。

- 胃食道逆流症(GERD) - 食物と胃酸が食道に逆流してガスが発生し、げっぷが発生します。

- 食物不耐症 - 乳製品、グルテン、FODMAP などの食品の消化が困難な場合、過剰なガスが発生します。

- 便秘 - 排便回数が少ないとガスが発生し、腹部に不快感が生じます。 脱水は便の硬さに影響します。

- ホルモンの変動 - 月経周期、避妊薬、閉経は体液貯留に影響します。

- 病状 - 過敏性腸症候群 (IBS)、小腸細菌の異常増殖 (SIBO)、消化性潰瘍などの健康上の問題はすべて、膨満感として現れることがあります。

- 薬 - 抗生物質、下剤、カルシウムチャネル遮断薬などの一部の薬には、潜在的な副作用として膨満感があります。

アップルサイダービネガーとの関係

予備的な証拠は次のことを示しています リンゴ酢 パウダー 健康的な食事の一部として使用すると、さまざまな方法で膨満感を軽減できます。 その主な有効成分である酢酸は、消化と健康にいくつかの利点をもたらす抗菌性と抗酸化性を実証しています。

- 消化を改善します - 酢酸は、食物を完全に分解するのに必要な胃酸の生成を促進し、ガスの生成を制限します。 酢には、消化を促進するペクチンやアミノ酸も含まれています。

- 便秘の解消 - 酢酸は腸内への水分の移動を促進し、便を柔らかくし、腸の運動性と規則性を改善します。

- 腸内フローラのバランスを整える - リンゴ酢は、ガス生成の減少に関連する腸内マイクロバイオーム内の健康な細菌の増殖をサポートする穏やかなプレバイオティクスとして機能します。

- 水分保持を低下させる - リンゴ酢に含まれるカリウムは、膨満感の症状の原因となる過剰なナトリウムと体液を排出するのに役立ちます。

- 胃酸の逆流を軽減します - 研究では、酢飲料が低い食道括約筋機能を改善し、食道への胃液の逆流を制限することを示しています。

腸の浚渫.jpg

推奨用量

膨満感に対する治療効果を得るには、リンゴ酢を飲む前に希釈する必要があります。リンゴ酢をそのまま使用すると、酸性度が歯のエナメル質や食道の組織を損傷する可能性があるためです。 2オンスの水に対して小さじ1~大さじ8の酢を混ぜ、ストローでゆっくりと飲みます。 効果を損なうことなく、お好みに応じて、レモン汁を絞り、少量の生蜂蜜を混ぜて味わうこともできます。 腹部の不快感を和らげるためにリンゴ酢を摂取するためのヒントは次のとおりです。

- 食事前に飲む - 食事の 15 ~ 20 分前に薄めた酢を飲むと、酢酸が事前に消化作業を開始し、ガスの量を減らします。

- XNUMX日XNUMX回までに制限してください - 胃を痛めたり、他の食品や薬と相互作用したりすることなく効果を得るために、間隔をあけて酢ドリンクをXNUMX杯まで摂取してください。  

- 生のオーガニックのものを使用する - 消化を助けると考えられている酵素、酸、ビタミン、ミネラルを維持する高品質の酢を選びましょう。

- ゆっくり始めます - 小さじ 1 杯を 8 オンス以上の液体で薄めるなど、少量から始めて、耐性と利点を評価するために徐々に増やしてください。

研究は何を言っているのですか?

いくつかの小規模な人体研究により、いくつかの有望なデータが明らかになりましたが、さらなる研究がまだ必要です。

- 2004年の研究では、糖尿病患者に就寝前に大さじ2杯の酢を摂取するか、毎日12食酢を含む食事を摂取してもらいました。 どちらのグループも、対照グループと比較して、XNUMX 週間にわたって腹囲、体重、トリグリセリド、腹部脂肪が大幅に減少しました。

- 体重を減らそうとしている肥満の人を対象とした同様の2005年の研究では、大さじ1〜2杯の酢を12週間食事に加えたところ、酢を摂取していないグループと比較して適度な体重減少と腹部脂肪の減少が見られたことがわかりました。

- 2014年の小規模な研究では、高炭水化物の食事の前に小さじ2杯のリンゴ酢を水に溶かしたものを摂取すると、前糖尿病の成人の血糖値とインスリンの血中濃度の上昇が水だけよりも良く緩和されることが示されました。

- 2021年の研究では、酢ドリンクはわずかXNUMX週間の使用で、IBSと診断された人の膨満感、腹痛、便秘などの症状を改善したことが明らかになりました。

現在の証拠はまだ限られていますが、リンゴ酢は適度に使用するのが一般的に安全であるようです。 鼓腸、胃の膨満、不規則な便、胃酸逆流、および膨満感の原因となるその他の腸の問題を少なくとも部分的に軽減する可能性があります。 他の薬の使用には注意し、長期使用による胃酸逆流の増加、歯の酸蝕症、またはカリウムの低下に注意してください。

むくみを軽減するための追加のライフスタイルのヒント

の影響が リンゴ酢の粉末 飲み物についてはまだ決定的ではありませんが、膨満感を和らげるための実証済みのアプローチが他にもいくつかあります。

痩身.jpg食生活の変更が役立つ:

- 塩分、糖アルコール、カフェイン、炭酸を減らす

- ガスが発生しやすい場合は、豆、アブラナ科の野菜、グルテン、乳製品などのガスを発生する食品を制限します。

- ゆっくり食べるペースで、よく噛んで食べる

- 大量の食事を避ける

ライフスタイルの変更:  

- 症状を追跡して誘発食品を特定する

- 定期的に運動すると腸内ガスが除去されます  

- 水分補給、繊維、プロバイオティクスを通じて便秘を管理する

- 腸の問題を悪化させるストレスを軽減します

医師の指導を受けることは、腹部膨満症状の背後にある進行中の消化器疾患の潜在的な原因を診断するのに役立ちます。 食事パターン、活動レベル、ストレス負荷を調整すると、体が軽くなりむくみが軽減されるのに大いに役立ちます。

リンゴ酢は便秘やむくみに効果があるのでしょうか?

膨満感.jpg予備研究では、リンゴ酢に含まれる酢酸が適切な消化を助け、いくつかの重要な方法で便秘を軽減する可能性があることが示されています。

腸の運動性を改善します - 酢酸は便へのより多くの水分の移動を促進し、便の粘稠度を柔らかくすると同時に、筋肉の収縮を穏やかに刺激して結腸内の移動を促進します。

ミネラルの吸収を高めます - リンゴ酢は、老廃物を除去する収縮など、適切な神経や筋肉の機能に不可欠なカリウムやマグネシウムなどの電解質を腸内膜に吸収させます。

腸内フローラのバランスを整える - 殺菌されていない酢に含まれる酵素とプロバイオティクスは、健康な細菌培養の増殖をサポートし、便秘の発生率を減らすことが示されています。

水分貯留を低下させる - 酢に含まれるカリウムはナトリウムレベルの調節に役立ち、体液貯留に影響を及ぼし、腸の不調に伴う腹部の膨満を引き起こします。

リンゴ酢は腸の健康に良いのでしょうか?

胃腸系が効率的に機能するには、胃酸、酵素、腸内細菌の適切なバランスを維持することに大きく依存しています。 食事に酢を取り入れると消化器の健康状態が改善されるという証拠が増えています。

消化を改善します - 酢酸は、食品からの栄養素の吸収を最大化するために必要なタンパク質の分解を助けます。 中のペクチンは オーガニックアップルサイダービネガーパウダー 善玉菌の増殖を促進するプレバイオティクス効果もあります。

胃酸の逆流を和らげる - 予想に反して、酢は食道と胃を隔てる括約筋を閉じるのに必要な胃の内容物を酸性化することで、胃酸の逆流の発生率を下げるのに役立ちます。

微生物の多様性をサポート - 酢に含まれる有機酸は、有害な細菌の増殖を制限しながら、共生細菌株の増殖を可能にし、理想的な腸内マイクロバイオームの状態を作り出します。

まとめ

ガス、インスリン、体重減少効果の可能性を示した初期の研究により、リンゴ酢は膨満感を解消するためのかなり安全な補助療法となっています。 ただし、有効性を検証するには、さらに広範な研究がまだ必要です。 すべてのむくみを自然に解決する可能性は低いですが、リンゴ酢はバランスの取れた栄養と生活習慣の一環として軽度の症状を軽減するのに役立つ可能性があります。 個々の反応に注意を払い、一貫してライフスタイルを調整し、重度または持続的な腸の問題については医師のアドバイスを求めてください。


WELLGREEN は、2011 年以来、ISO9001:2015、ISO22000、ハラール、コーシャー、HACCP、オーガニック認証の認証を取得した革新的なハーブ抽出物のメーカーです。 必要な場合は オーガニックアップルサイダービネガーパウダー、すぐにご連絡ください、電子メール:wgt@allwellcn.com お客様のご要望に応じてカスタマイズされたサービスを提供できます。


参照:

ジョンストン、CS、ガース、カリフォルニア州 (2006)。 酢: 薬用および抗血糖効果。 MedGenMed : Medscape 一般医学、8(2)、61。

近藤哲也、岸正人、伏見哲也、宇賀神晋三、加賀哲也 (2009) 酢の摂取により、肥満の日本人の体重、体脂肪量、血清トリグリセリド値が減少します。 バイオサイエンス、バイオテクノロジー、および生化学、73(8)、1837–1843。

送信