+86-29-88453375
英語

ブロッコリー種子エキスはニキビに効果がありますか?

2024-05-15

世界中で何百万人もの人々が座瘡に苦しんでいます。座瘡は一般的な皮膚の問題であり、適切な治療法を見つけるのが難しく、刺激的な場合があります。経口薬や局所ローションなどの確立された治療法が利用可能であるにもかかわらず、多くの人がより穏やかなアプローチを求めて自然な解決策に目を向けています。近年注目を集めている自然療法のひとつが、 ブロッコリー種子エキス。しかし、その製品はニキビに効果があるのでしょうか?このクエリをさらに詳しく調査してみましょう。

ニキビの原因とブロッコリー種子エキスはどのように効果があるのでしょうか?

座瘡として知られる複雑な病気は、ホルモン異常、過剰な油分生成、細菌、炎症、毛穴の閉塞など、いくつかの要因によって引き起こされます。スルフォラファンが豊富に含まれているので、次のような根本的な原因に対処する可能性があります。

ブロッコリー種子エキスはどのように役立つのか1. 抗炎症作用:

炎症は座瘡の発生において極めて重要な役割を果たします。その主要な有効成分であるスルフォラファンは、強力な抗炎症特性を示します。炎症を軽減することで、ニキビの発生の強さと期間の両方を軽減できる可能性があります。

2. 抗酸化機能:

酸化ストレスはニキビ病変を悪化させる可能性があります。 bロッコリ eエキストラクトパウダースルフォラファンと抗酸化物質が豊富で、有害なフリーラジカルの中和を助け、皮膚の酸化ストレスを軽減し、ニキビの状態を改善する可能性があります。

3. 抗菌効果:

細菌、特にアクネ菌の存在は、座瘡を悪化させることがよくあります。研究によると、スルフォラファンには抗菌特性があり、アクネ菌の増殖を制御し、ニキビの重症度を軽減するのに役立つ可能性があることが示されています。

4. 石油生産規制:

過剰な皮脂の生成は、毛穴の詰まりやニキビの形成につながる可能性があります。皮脂レベルに対するその直接的な影響についてはさらなる研究が必要ですが、その抗炎症作用と抗酸化作用により、油の生成を調節し、毛穴の詰まりを防ぐ可能性が示唆されています。

ニキビに対するブロッコリー種子エキスに関する科学的研究はありますか?

一方、潜在的なメカニズムは、 ブロッコリー種子エキス ニキビに効果がある可能性は期待できますが、人体研究から得られた科学的証拠はまだ限られています。利用可能な研究の一部を以下に示します。

1. インビトロおよび動物研究:

製品に含まれるスルフォラファンおよびその他の成分は、炎症、細菌の増殖、皮脂の生成など、座瘡のさまざまな要素にどのような影響を与えるかを調べる、数多くの動物研究および試験管(試験管)研究の対象となってきました。これらの研究は概して肯定的な結果を示しており、この製品がニキビに有益な効果をもたらす可能性があることを示唆しています。

2. ヒト臨床試験:

座瘡に対する製品の有効性を評価するために、少数の小規模な人体臨床試験が実施されているだけです。 2016年に雑誌「Phytotherapy Research」に掲載されたある研究では、それを含む局所クリームがXNUMX週間の使用後にニキビ病変を大幅に軽減し、全体的な肌の外観を改善したことがわかりました。

これらの予備的な結果は有望ですが、ニキビ治療における製品の有効性と最適な用量を確認するには、より大規模で綿密に設計された人体研究が必要です。

ブロッコリー種子エキスをニキビに使用した場合の潜在的な副作用は何ですか?

ブロッコリー種子エキス 一般に、推奨用量で摂取または局所的に塗布した場合は安全であると考えられています。ただし、注意すべき潜在的な副作用がいくつかあります。

1. 消化器の問題:

製品サプリメントを経口摂取すると、特に高用量の場合、人によっては膨満感、ガス、腹痛などの消化器系の不快感を引き起こす可能性があります。

2. 薬との相互作用:

その中の主な活性化合物であるスルフォラファンは、特定の薬剤、特に肝臓の酵素によって代謝される薬剤と相互作用することが示されています。薬を服用している場合は、サプリメントを摂取する前に医療専門家に相談することが不可欠です。

3. アレルギー反応:

人によっては、ブロッコリーやスルフォラファンなどのその化合物にアレルギーがある場合があります。発疹、蕁麻疹、呼吸困難などのアレルギー反応の兆候が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

4. 皮膚刺激:

局所的に塗布すると、一部の人、特に敏感肌の人に皮膚の炎症、発赤、乾燥を引き起こす可能性があります。

ブロッコリー種子エキスサプリメントや局所製品を使用する場合は、低用量から始めて、耐えられる範囲で徐々に増やすことが重要です。副作用が発生したり、懸念がある場合は、医療専門家または皮膚科医に相談することをお勧めします。

結論として、その抗炎症作用、抗酸化作用、抗菌作用はニキビに対する潜在的な利点を示唆していますが、その有効性を確認し、最適な用量と塗布方法を確立するにはさらなる研究が必要です。利用を検討しているとします ブロッコリーエキス粉末 ニキビに。その場合、特に基礎疾患がある場合や薬を服用している場合は、医療専門家または皮膚科医に相談することをお勧めします。さらに、潜在的な副作用やアレルギー反応に注意し、常に推奨用量ガイドラインに従ってください。

参照:

1. JW フェイヒー、AT ザルクマン、P タラレイ (2001)。植物間のグルコシノレートとイソチオシアネートの化学的多様性と分布。植物化学、56(1)、5-51。

2. Higdon, JV、Delage, B.、Williams, DE、および Dashwood, RH (2007)。アブラナ科野菜とヒトのがんリスク:疫学的証拠とメカニズムの根拠。薬理学的研究、55(3)、224-236。

3. Bauer, D.、Mazzio, E.、Soliman, KF、Taka, E.、および Cooley, L. (2019)。グルコラファニンとスルフォラファン:技術的調製、全合成、抗がん作用の検討。機能性食品ジャーナル、54、12-25。

4. Singh, K.、Rani, A.、Paul, J.、Singh, G.、Kaur, J.、および Bhushan, S. (2020)。スルフォラファンとその代謝物:その抗酸化作用と抗がん作用の前臨床および臨床証拠。機能性食品ジャーナル、74、104175。

5. ミルミラン、P.、バハドラン、Z.、ホセインパナ、F.、キーザイ、A.、アジジ、F. (2012)。 2 型糖尿病患者の炎症マーカーに対する高スルフォラファン濃度のブロッコリースプラウトの効果: ランダム化二重盲検プラセボ対照臨床試験。機能性食品ジャーナル、4(4)、837-841。

6. ヤギシタ、Y.、Fahey、JW、Dinkova-Kostova、AT、および Kensler、TW (2019)。ブロッコリーまたはスルフォラファン: 重要なのは摂取源または投与量ですか?分子、24(19)、3593。

7. Dinkova-Kostova、AT、Talalay、P. (2008)。細胞保護タンパク質の誘導物質の直接的および間接的な抗酸化特性。分子栄養学と食品研究、52(S1)、S128-S138。

8. Mitsiogianni、M.、Amery、T.、Franco、R.、Zoumpourlis、V.、Pappa、A.、およびパナヨティディス、ミシガン州 (2018)。化学予防からエピジェネティック制御へ: 皮膚がん予防におけるイソチオシアネートの役割。薬理学と治療学、190、187-201。

9. フェルカー、P.、バンチ、R.、レオン、AM (2016)。ヒト血漿中のチオシアン酸塩およびゴーイットの濃度、アブラナ科野菜中のそれらの前駆体濃度、およびそれに関連する甲状腺機能低下症の潜在的なリスク。栄養レビュー、74(4)、248-258。

10. ナラヤナスワミ、R.、アイザックス、RJ (2017)。ブロッコリー種子エキス: その栄養特性と生物活性のレビュー。機能性食品ジャーナル、33、172-183。

送信