+86-29-88453375
英語

ブロッコリー種子エキスの利点は何ですか?

2024-04-03

アブラナ科の野菜であるブロッコリーは、基本的な栄養素、ミネラル、貴重な混合物が豊富に含まれており、考慮すべき健康的な力としてしばらくの間賞賛されてきました。それにもかかわらず、最近では、センターは、可能性のある利点に向けて動いています。 ブロッコリー種子エキス、植物の生物活性部分の濃縮された泉. 天然の健康補助食品への関心が高まり続けるにつれて、多くの人が疑問に思っています: ブロッコリー種子抽出物の利点は何ですか?

ブロッコリー種子抽出物に含まれる活性化合物は何ですか?

ブロッコリーエキス.jpgに見られる本質的な動的混合物 ブロッコリー種子エキス グルコシノレートであるグルコラファニンと化合物であるミロシナーゼです。これら 2 つの部分が接続される時点で、さまざまな自然な運動を伴う強力なイソチオシアネートであるスルフォラファンが生成されます。

スルフォラファンは、種子の中で最も巨大で非常に集中している化合物とみなされており、潜在的な医学的利点の大部分を担っています。これは生体利用効率が非常に高い化合物であり、体内ですぐに摂取して使用できる可能性が非常に高いことを意味します。

スルフォラファンにもかかわらず、種子抽出物にはさらに他の有用な混合物が含まれています。

1. インドール-3-カルビノール (I3C): 病気の潜在的な敵である特性と、エストロゲンの消化を微調整する能力について研究されている植物化学物質。

2. フェノール化合物: 破壊的な自由過激派の殺害を支援し、酸化圧力から細胞を保護できる癌予防剤。

3. 栄養素とミネラル: ブロッコリーの種子には、カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルに加え、C、E、K の栄養素が豊富に含まれています。

ブロッコリー種子抽出物の潜在的な健康上の利点は何ですか?

生理活性化合物が豊富に含まれているため、エキスパウダーにはさまざまな潜在的な健康上の利点が関連付けられています。

1. がんの予防と治療:

スルフォラファンは、種子分離に必須の動的化合物であり、病気の性質の潜在的な敵であるとして広く研究されています。疾患細胞のアポトーシス(細胞死の修飾)の作動、がんの発生や転移の抑制、健全な細胞をDNA損傷から守るなどのさまざまな要素を通じて、胸部、前立腺、結腸の悪性増殖を含むさまざまな種類の疾患を予防し、闘うのに役立つ可能性があります。 。

2. 心臓血管の健康:

ブロッコリー eエキストラクトパウダー 心臓保護効果があり、心血管疾患のリスクを軽減する可能性があることが示されています。スルフォラファンは、内皮機能 (血管の内層) を改善し、炎症を軽減し、動脈内のプラークの蓄積を防止することで、心臓発作や脳卒中のリスクを軽減します。

3. 糖尿病の管理:

いくつかの研究では、種子抽出物がインスリン感受性を高め、グルコース代謝を改善する可能性があり、糖尿病患者または糖尿病を発症するリスクのある人にとって有益である可能性があることが示唆されています。

4. 解毒と肝臓の健康:

種子抽出物に含まれる化合物、特にスルフォラファンは、体の解毒プロセスに関与する酵素の活性を高めることがわかっています。これにより、有害な毒素や発がん物質をより効率的に除去し、肝臓の健康と機能をサポートできる可能性があります。

5. 抗炎症作用と抗酸化作用:

種子抽出物は強力な抗炎症作用と抗酸化作用を示し、心臓病、がん、神経変性疾患などの多くの慢性疾患の主因である炎症と酸化ストレスを軽減するのに役立つ可能性があります。

ブロッコリー種子抽出物にはリスクや副作用はありますか?

ブロッコリー種子エキスの効果.png種子抽出物は一般に、推奨用量で摂取した場合には安全であると考えられています。ただし、他のサプリメントと同様に、注意すべき潜在的なリスクと副作用がいくつかあります。

1. 消化器系の問題:

人によっては、特に種子抽出物やスルフォラファンのサプリメントを大量に摂取すると、膨満感、ガス、腹痛などの消化器系の不快感を経験することがあります。

2. 薬物との相互作用:

スルフォラファンは、特定の薬剤、特に抗凝血剤、癌治療薬、特定の抗生物質など、肝臓の酵素によって代謝される薬剤と相互作用することが示されています。薬を服用している場合は、種子抽出物サプリメントを摂取する前に医療専門家に相談することが不可欠です。

3. アレルギー反応:

まれではありますが、ブロッコリーまたはスルフォラファンなどのその化合物に対してアレルギーを示す人もいます。発疹、じんましん、呼吸困難などのアレルギー反応の兆候が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

4. 甲状腺機能:

ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜にはゴイトロゲンと呼ばれる化合物が含まれており、これが一部の人、特に甲状腺の既存疾患やヨウ素欠乏症の人にとって甲状腺機能を妨げる可能性があります。適度に摂取していればリスクは一般に低いですが、甲状腺の健康に懸念がある場合は医療専門家に相談することをお勧めします。


ただし、次のことに注意することが重要です。 ブロッコリー種子エキス 有望な潜在的な利点が示されていますが、ほとんどの研究は実験室環境または動物モデルで行われています。種子抽出物サプリメントの有効性、最適な投与量、長期的な安全性を完全に理解するには、さらに多くの人を対象とした臨床試験が必要です。


結論として、種子抽出物は有益な化合物、特にスルフォラファンの濃縮源であり、ガンの予防や心臓血管の健康から糖尿病の管理や解毒に至るまで、さまざまな潜在的な健康上の利点と関連付けられています。一般に安全であると考えられていますが、特に基礎疾患がある場合や薬を服用している場合は、サプリメントを摂取する前に医療専門家に相談することが重要です。組み込むことで bロッコリ eエキストラクトパウダー バランスの取れた食事と健康的なライフスタイルを取り入れることで、潜在的なリスクを最小限に抑えながら、その潜在的な利点を活用できる可能性があります。


参照:

1. JW フェイヒー、AT ザルクマン、P タラレイ (2001)。植物間のグルコシノレートとイソチオシアネートの化学的多様性と分布。植物化学、56(1)、5-51。

2. Higdon, JV、Delage, B.、Williams, DE、および Dashwood, RH (2007)。アブラナ科野菜とヒトのがんリスク:疫学的証拠とメカニズムの根拠。薬理学的研究、55(3)、224-236。

3. Bauer, D.、Mazzio, E.、Soliman, KF、Taka, E.、および Cooley, L. (2019)。グルコラファニンとスルフォラファン:技術的調製、全合成、抗がん作用の検討。機能性食品ジャーナル、54、12-25。

4. Singh, K.、Rani, A.、Paul, J.、Singh, G.、Kaur, J.、および Bhushan, S. (2020)。スルフォラファンとその代謝物:その抗酸化作用と抗がん作用の前臨床および臨床証拠。機能性食品ジャーナル、74、104175。

5. Tarozzi, A.、Angeloni, C.、Malaguti, M.、Morroni, F.、Hrelia, S.、および Hrelia, P. (2013)。神経変性疾患に対する潜在的な保護植物化学物質としてのスルフォラファン。酸化医学と細胞寿命、2013 年。

6. ミルミラン、P.、バハドラン、Z.、ホセインパナ、F.、キーザイ、A.、アジジ、F. (2012)。 2 型糖尿病患者の炎症マーカーに対する高スルフォラファン濃度のブロッコリースプラウトの効果: ランダム化二重盲検プラセボ対照臨床試験。機能性食品ジャーナル、4(4)、837-841。

7. ヤギシタ、Y.、Fahey、JW、Dinkova-Kostova、AT、および Kensler、TW (2019)。ブロッコリーまたはスルフォラファン: 重要なのは摂取源または投与量ですか?分子、24(19)、3593。

8. Dinkova-Kostova、AT、Talalay、P. (2008)。細胞保護タンパク質の誘導物質の直接的および間接的な抗酸化特性。分子栄養学と食品研究、52(S1)、S128-S138。

9. Mitsiogianni、M.、Amery、T.、Franco、R.、Zoumpourlis、V.、Pappa、A.、およびパナヨティディス、ミシガン州 (2018)。化学予防からエピジェネティック制御へ: 皮膚がん予防におけるイソチオシアネートの役割。薬理学と治療学、190、187-201。

10. フェルカー、P.、バンチ、R.、レオン、AM (2016)。ヒト血漿中のチオシアン酸塩とゴイトリンの濃度、アブラナ科野菜中のそれらの前駆体濃度、および関連する甲状腺機能低下症の潜在的なリスク。栄養レビュー、74(4)、248-258。


送信