+86-29-88453375
英語

Dipsacus asper の根の用途は何ですか?

概要

伝統的な中国医学(TCM)では、Dipsacus asper(別名、ラフティーゼルまたは徐端)は東アジア原産の多年生植物です。その根は、さまざまな医学的利点のためにTCMで長年にわたって使用されてきました。この記事では、Dipsacus asperの根の用途と期待される利点について調査します。

TCMにおける伝統的な使用法

ディプサカス・アスパー何千もの薬が伝統的な中国医学 (TCM) に欠かせません。TCM は、何千年もの間、体のエネルギー、つまり気を調整して健康と幸福を促進するために使用されてきました。伝統的な TCM の実践と天然スパイスの使用法には、次のものがあります。

仁神の高麗人参:

生薬の用途: 精神の明晰さに作用し、エネルギーをサポートし、抵抗力を強化し、全体的な活力を高めます。
用途: 実際の実行を改善し、疲労や衰弱を治療するためによく使用されます。
生姜の生姜:

用途: 吐き気を和らげ、消化を促進し、体を温め、風邪を治します。
用途: 通常、胃腸関連の問題、風邪、インフルエンザに使用されます。
甘草根(甘草):

用途: 喉を和らげ、他のハーブの効果を調和させ、鎮痙作用と炎症作用があります。
用途: 炎症、咳、喉の痛みを和らげるために使用されます。
黄耆のレンゲ:

用途: 免疫システムを強化し、エネルギーを維持し、ストレスから保護します。
用途: エネルギー増強剤、風邪予防、癌治療の補助として利用されます。
狄黄の地黄:

用途: 陰を養い、血液を修復し、腎臓を強化します。
用途: 貧血や更年期障害などの症状の治療や腎機能のサポートに使用されます。
ドン・クアイ(通称プア・グイ):

用途: 痛みを軽減し、月経周期を整え、血液の調子を整えます。
用途: 貧血や月経障害の治療、また女性の一般的な強壮剤として使用されます。
黄琴(ホアンキン):

用途:体を浄化し、熱を取り、水分を排出します。
用途: 感染症や黄疸、下痢などの病気の治療に使用されます。
不快感に対する針による治療:

用途: 背中の痛み、関節炎、頭痛など、さまざまな種類の痛みを治療します。
用途: 特定の身体部位に細い針を挿入して感覚系を刺激し、標準的な鎮痛剤を投与します。
緊張とストレス:

用途: 体のエネルギーのバランスを整え、ストレスや不安の軽減に役立ちます。
用途: 特定のポイントに針を刺すと、リラックスしてストレスを軽減できると考えられています。
胃に関する問題:

用途: 吸収をさらに促進し、胃炎やIBSの副作用を軽減します。
アプリケーション: 消化器系を制御するターゲットと焦点は、機能をさらに向上させます。
灸をするのに寒くて湿った状況:

用途:体を温め、湿気や冷気を発散します。
用途: 乾燥したヨモギ(灸)を利用して、皮膚近くの気の流れを活性化し、温めます。
免疫反応を高める:

用途: 免疫システムを強化し、病気を予防します。
用途: 灸は免疫力を高めると考えられる部位の治療に使用されます。
筋肉の苦痛と緊張の測定:

用途: 痛みや筋肉の緊張を軽減し、血流を促進します。
用途: カップを肌に当てて刺激を与え、緊張した筋肉の解放をサポートし、血流を増加させます。
呼吸器系の問題:

用途: 風邪、インフルエンザ、喘息の治療。
用途: カップを背中や胸に当てると鬱血が緩和されます。
筋骨格系に問題がある:

用途: 坐骨神経痛、肩の痛み、首の痛みなどの症状に焦点を当てます。
用途: 背中のマッサージ、ツボマッサージ、ストレッチを組み合わせて痛みを和らげ、柔軟性を高めます。
コースのアップグレード:

用途:血液の流れを促進し、回復を助けます。
用途: 推拿のテクニックは、血液とエネルギーの流れを増やすために使用されます。
調整された食事:食事療法の用途:病気を予防し、健康を維持します。
応用: さまざまな食品源を組み合わせて陰陽のバランスを取り、身体と季節に合わせて食生活を調整することを強調します。
特別な状況:

用途: 胃関連の問題や免疫力の低下の治療に重点を置いています。
用途: 寒いときには温かい食べ物、暑いときには冷たい食べ物など、特定の健康上の問題に対処するための個別の食事に関するアドバイス。
気功と太極拳を活用してエネルギー伝達を改善する:

用途: 気の流れを高めることで心身の健康を改善します。
用途: 制御された呼吸、繊細な動き、瞑想を利用して、エネルギーの流れとバランスをさらに高めます。
ストレス軽減:

用途: 精神を明晰にし、プレッシャーを軽減します。
応用: 気功や剣道の標準的なデモンストレーションは、心を落ち着かせ、プレッシャーを軽減するのに役立ちます。

現代の研究

最近の研究はそれを示しました ナベナの根の抽出物 サポニン、フラボノイド、多糖類などの生理活性化合物が含まれており、治療効果に寄与している可能性があります。これらの化合物には抗炎症、抗酸化、免疫調節の特性があることがわかっており、関節痛や炎症の治療に伝統的に使用されてきた理由を説明できます。

潜在的な利点

しっかりしたジョイント:ディプサカス根エキス 関節の健康に働きかけ、関節の硬直や痛みを軽減するためによく使用されます。
骨の健康: 骨粗鬆症やその他の骨が薄くなる症状には、このハーブが効果があるかもしれません。
腎臓と肝臓への補助: 伝統的な中国医学(TCM)では、 ヒマラヤナベナ根エキス 全体的な健康と活力に重要な肝臓と腎臓を強化するために使用されます。
緩和効果: その生物活性混合物には緩和特性があることが示されており、炎症によって表される症状に有効である可能性があります。

ヒマラヤナベナ根エキス

安全と注意事項

一方、 ヒマラヤナベナ根エキス 一般的に、指示通りに使用すれば安全であると考えられていますが、特に妊娠中、授乳中、または薬を服用中の場合は、新しいハーブ治療を始める前に必ず医療専門家に相談することをお勧めします。

まとめ

ヒマラヤナベナ根エキス 伝統的な中国医学(TCM)では、関節や骨の健康を改善し、肝臓や腎臓の調子を整え、炎症を和らげるために長い間使用されてきました。その活性成分を完全に理解するにはさらなる研究が必要ですが、さまざまな医学的利点をもたらす可能性があることを示唆する証拠があります。誰も本当に気にしないのであれば、Dipsacus asperの根を試してみたい場合や、使用方法を知りたい場合は、私たちに連絡してください。 wgt@allwellcn.com

参照:

1. Dipsacus asper Wall. et Thu. の化学成分に関する研究 

2. Dipsacus asper Wall の薬理学的研究の進展。ex CBClarke

3. Dipsacus asper根抽出物の抗炎症作用 

4. ラットの骨粗鬆症に対するDipsacus asper多糖類の予防効果 

送信