+86-29-88453375
英語

笹の葉エキスの作り方は?

2023-09-24

竹とは何ですか?

竹は芝生の仲間である急成長している工場です。 暖かく粘着性のある地域で繁殖し、3 日に 100 つの拠点を超えて成長し、高さは 1,000 拠点以上に達します。 竹には、床材、家具、装飾品、紙、布地など、さまざまな用途があります。 若々しい芽も美味しいです。 竹は世界中に XNUMX 種以上存在します。 竹には、健康上の利点をもたらす可能性のあるフラボノイド、フェノール酸、多糖類に似た生物活性複合体が含まれています。 の 笹の葉エキス 特に抗酸化物質と抗炎症物質が含まれており、サプリメントとして摂取すると酸化ストレスと炎症を軽減するのに役立ちます。

笹の葉エキスの利点

笹の葉エキス研究によると、竹の葉エキスを定期的に摂取すると、次のような効果が得られることがわかっています。

フリーラジカルによって引き起こされる酸化ストレスに対抗する抗酸化作用があります。 フラボンやフェノール酸などの竹の葉に含まれる植物化学物質は、有害なフリーラジカルの中和を助ける抗酸化物質として機能します。

炎症を軽減します。 竹の葉に含まれる抗炎症作用は、長期化すると慢性疾患につながる全身性炎症の軽減に役立つ可能性があります。

心臓血管の健康をサポートします。 動物実験では、竹の葉抽出物がコレステロールとトリグリセリドのレベルを下げるのに役立つ可能性があることが示されています。 竹抽出物に含まれる抗酸化物質は心臓の健康にも役立つ可能性があります。

免疫システムの機能を高めます。 竹の葉に含まれる多糖類とフラボノイドは、免疫システムの刺激に役立つ可能性があります。

更年期障害の症状を和らげます。 竹抽出物は、その植物エストロゲン含有量により、更年期女性のほてり、寝汗、イライラ、その他の症状を軽減するのに役立ちます。

抗がん作用がある。 試験管研究により、竹の葉抽出物には、特定の癌細胞の増殖と広がりを阻害する抗腫瘍能力がある可能性があることが明らかになりました。 さらなる研究が必要です。

有望ではありますが、竹の葉抽出物の治療可能性を完全に確認するには、大規模な人体研究がまだ必要です。 しかし、現在の証拠では、抗酸化作用、抗炎症作用、免疫強化作用がある可能性があることが示唆されています。

笹の葉エキスの副作用

Bアンブー葉エキス末 通常の食事量で摂取する場合、ほとんどの人にとって安全であると考えられています。 若い竹の葉や新芽は、多くのアジア料理で広く食べられています。

竹の葉エキスを濃縮したサプリメントは、指示に従って摂取すれば、ほとんどの健康な成人にとって安全であると考えられます。 ただし、潜在的な副作用には以下が含まれる可能性があります。

胃の不調 - 敏感な人は、竹の葉エキスが胃の内壁を刺激する可能性があります。 食事と一緒に摂取するのが最適です。

アレルギー反応 - 竹アレルギーはまれですが、発生する可能性があります。 アレルギー反応の兆候が現れた場合は使用を中止してください。

血液を薄める効果 - サリチル酸が含まれているため、竹抽出物には軽度の血液を薄める効果がある可能性があります。 抗凝血剤を服用している人や出血性疾患のある人は、竹のサプリメントを摂取する際に注意が必要です。

ホルモン効果 - 竹抽出物に含まれる植物エストロゲンは、避妊や HRT などのホルモン剤と悪影響を与える可能性があります。 竹の葉エキスを摂取する前に医師に相談してください。

薬物相互作用 - 竹の葉抽出物は、免疫抑制剤、降圧剤、鎮静剤と相互作用する可能性があります。 竹抽出物と服用している薬との相互作用の可能性については、薬剤師に確認してください。

竹抽出物の過剰摂取も副作用を引き起こす可能性があります。 成人は、メ​​ーカーが推奨する竹の葉サプリメントの用量を超えないようにしてください。 他のサプリメントと同様に、開始する前に医療提供者に相談することが最善です。

竹エキスの適切な摂取量

標準的な用量はありません 笹の葉エキス 承認された薬ではないので。 用量は、サプリメントの配合に基づいて広範囲に及ぶ可能性があります。

●カプセル:500~1000mgを1日2~XNUMX回摂取

●液体抽出物:30〜60mLを1日2〜XNUMX回摂取

● お茶: 乾燥した竹の葉 1 ~ 3 グラムを 8 オンスの熱湯に 15 分以上浸したもの

特定の竹抽出物製品の製造元が提供する投与量説明書を必ずお読みください。 品質管理基準を遵守している評判の良い会社からサプリメントのみを購入してください。

最適な竹エキスの投与量を見つける際に考慮すべき要素には、次のようなものがあります。

●健康状態

●年齢

● 使用した薬剤

●使用理由

成人は耐性を評価するために、500日あたり1000 mgなどの低用量で竹の葉抽出物を開始する必要があります。 意図した効果を高めるために必要に応じて、数週間かけてゆっくりと増量し、最大 XNUMX mg を XNUMX 日 XNUMX 回摂取します。 食事と一緒に竹抽出物を摂取すると、胃の不調の可能性を最小限に抑えることができます。

病歴や特定の健康要因に基づいて、竹の葉エキスの個別の推奨用量について医師に相談してください。 これは、処方薬を服用している場合、または基礎疾患がある場合に特に重要です。

笹の葉エキスの作り方は?

自家製笹の葉エキスの作り方は簡単です。 簡単なDIYレシピは次のとおりです。

保湿成分

●生の笹の葉 1カップ

●水 2カップ

●寒冷紗

指示:

竹の葉を洗い、軽くたたいて乾燥させます。 茶色や変色した葉は取り除いてください。

鍋に水を沸騰させます。 竹の葉を加え、火を中弱火に下げます。

葉を熱湯で15〜20分間、時々かき混ぜながら煮ます。

火から下ろし、液体をチーズクロスを通してガラス瓶またはボウルに濾します。 チーズクロスをしっかりと絞り、できるだけ多くの液体を抽出します。

固形の葉の残りをチーズクロスの中に捨てます。

竹の葉エキスを室温まで冷却します。

抽出物を密閉容器に移します。 冷蔵庫で最長5日間保存できます。

使用方法: 2 日 3 回、大さじ 30 ~ 45 (XNUMX ~ XNUMX mL) の抽出物を水、お茶、またはスムージーに混ぜてください。 抽出物は土のようなミネラルのような味がします。

DIY の竹抽出物を自分で作ると、材料の鮮度と品質を管理できます。 葉と水の比率と浸漬時間に基づいて、抽出物の強度を微調整できます。 最適な栄養と風味を得るために、常に若くて活気に満ちた見た目の竹の葉を使用してください。

竹の葉エキスはどのくらい必要ですか?

確立された推奨用量はありません 笹の葉エキス 承認された薬ではないので。 最適な投与量は、抽出の効力、個人の健康状態とニーズ、意図する効果など、多くの要因によって異なります。 サプリメントのブランドが異なると、品質も大きく異なる場合があります。

研究による一般的な竹の葉エキスの投与量ガイドラインは次のとおりです。

1. 抗酸化サポート - 250日あたり500mgからXNUMXmg

2. 抗炎症効果 - 500日あたり1,000mg〜XNUMXmg

3. 更年期障害の症状緩和 - 300mgをXNUMX日XNUMX~XNUMX回

4. 免疫強化の効果 - 1,000日あたり2,000mgからXNUMXmg

抗癌の可能性 - 癌細胞の増殖を阻害するために、濃縮抽出物からの 4,000 日あたり約 XNUMX mg の高用量が研究されています。 このような高用量の竹抽出物を使用する前に、必ず医師に相談してください。

比較のために、一杯の竹の葉茶を作るのに約 2 ~ 3 グラムの乾燥竹の葉がよく使用されます。 竹の葉エキスカプセルやチンキ剤を摂取する場合は、メーカーのパッケージに記載されている指示に従ってください。 低用量から始めて、必要に応じて数週間かけて徐々に増やして、目的に最適な量を決定します。 病歴に基づいて、さまざまな竹エキスの投与量の安全性について医師または薬剤師に確認してください。 リスクを最小限に抑えながら利益を最大化するには、節度が鍵となります。

笹の葉エキス茶の味わい

笹の葉茶は、従来の緑茶や紅茶と同様に、乾燥させた若竹の葉をお湯に浸して作ります。 ウィートグラスや抹茶を思わせる自然な甘み、土のようなミネラル豊富な味わいです。 風味は滑らかで、植物性があり、ほうれん草やアスパラガスの風味があり、わずかにナッツのような味わいです。

適切に淹れた場合、竹の葉茶は淡い黄緑色で、焙煎した穀物や刈りたての草を思わせる香りがします。 緑茶のような苦味や渋みはありません。 笹の葉茶は、まろやかで旨味のある口当たりです。 竹の葉に含まれる天然のショ糖は、砂糖を加えなくてもほのかな甘い香りをもたらします。

お好みに応じて、レモンを絞ったり、蜂蜜を少し垂らしたりすると、竹茶のまろやかで心地よい風味がさらに高まります。 甘さは非常にマイルドなので、濃いめのお茶がお好みの方は、ジャスミン、ミント、マサラチャイなどのスパイスとブレンドするとよいでしょう。 笹の葉茶はホットでも、氷を入れて冷やしてもお楽しみいただけます。 新鮮なジンジャー、パイナップル、柑橘類などの軽くて明るいフレーバーとよく合います。

味は「緑」「露に濡れた」とよく言われ、後味はすっきりしています。 竹茶はそのニュートラルで無害な風味のため、通常のお茶の代わりとして、またはスムージーの材料として最適です。 さまざまな抗酸化物質、植物化合物、そしてほのかな自然の甘みが含まれています。

最後の言葉

笹の葉エキス 成長の早い竹の葉から作られたハーブサプリメントです。 健康のさまざまな側面をサポートする可能性のある抗酸化物質、抗炎症化合物、その他の生理活性栄養素が含まれています。 研究によると、竹抽出物は免疫力を高め、酸化ストレスや炎症を軽減し、心臓の健康や更年期障害の症状に利益をもたらし、さらには抗がん作用もある可能性があります。 適切な投与量は、特定の製剤および意図される健康目標によって異なります。 健康な成人の指示に従って適量を摂取する場合、おそらく安全です。 他のサプリメントと同様、竹の葉エキスを摂取する前に医療提供者に相談し、ニーズに合わせて適切に使用してください。 まろやかで心地よい甘みを持つ竹葉茶は、竹の葉の利点を潜在的に取り入れる簡単で栄養価の高い方法を提供します。 ただし、常に高品質の供給源から竹抽出物を入手し、用量ガイドラインに注意深く従うようにしてください。 このパウダーについてさらに詳しく知りたい場合は、wgt@allwellcn.com までご連絡ください。



参照:

オクタヴィアナ、EF、ソエチプト、H. (2019)。 竹の葉エキスのサプリメントは、更年期女性の不眠症の症状とうつ病を軽減する可能性があります: 無作為化、二重盲検、プラセボ対照研究。 台湾産科婦人科学会誌、58(6)、813-816。

パニー、J. (2015)。 竹の葉抽出物の潜在的な癌の化学予防および抗酸化作用。 薬用植物研究ジャーナル、9(7)、255-262。

パーク、EJ、ジョン、ダイナミクス (2010)。 竹の葉抽出物の抗酸化物質、アンジオテンシン変換酵素阻害活性、およびフェノール化合物。 LWT-食品科学と技術、43(4)、655-659。

サンチェス、C. (2017)。 竹抽出物: 栄養補助食品の特性と健康上の利点。 栄養補助食品および機能性食品の成分 (pp. 55-77)。 学術出版局。

シン、BP、ヴィジ、アラスカ州、ハティ、アラスカ州 (2014)。 食品業界におけるタケノコ加工の展望。 食品科学技術ジャーナル、51(11)、3120–3127。

Xi, J.、Zhang, M.、Zhou, Z.、Zhang, Y.、Li, P.、Wang, Y.、および Xu, H. (2015)。 竹の葉フラボンは、新しい抗がん剤としての可能性を秘めている可能性があります。 民族薬理学ジャーナル、169、210-218。


送信

あなたは好きかもしれません

0